着物のリフォーム・仕立てなら「着物のお直し.com」へ。実績40年の和裁士が手掛ける着物の仕立て・直し専門店です。


 

着物のお直し.comロゴ実績40年の和裁士が自ら運営するお店です。ホームサイトマップリンク

 

お直し・お仕立てご依頼のご参考に。
 
 
  HOME > 着物の名称と採寸方法
一緒にお買い物
八掛色見本

下記、着物各部の名称を参考に 「どの部分(加工する部分)」を「どのくらい(何cm・何寸等)」「どのようにするか(長く・短く等)」 お知らせくださいませ。


着物(単衣)

着物(単衣)


着物(袷)
着物(袷)


長襦袢(袷)

長襦袢(袷)




【採寸方法】
着物は着付けによって着こなすため、寸法は比較的融通がききます。 そのため、細部に渡って詳細に測る必要はありません。「良く分からない・・」といった場合は、当店にてお客様のお体のサイズからちょうど良い寸法を割り出すことも可能です。
採寸
お客様ご自身で、お着物に必要なサイズを採寸し、寸法を出して指示を頂きます。


着丈(@) 首の付け根のぐりぐり(骨)から、足のくるぶしの下までを背でまっすぐに測ります。
身丈 着丈におはしより分を加えた長さになりますが、身長とほぼ同じくらいになります。
裄(A)

通常は手を水平にあげ、背の中心から手首のくるぶしの外側までを測ります。 手を斜めに下げて裄を測ると長めになります。約3cm(8分〜1寸)ほど長さが違ってきます。 左右両方測って、平均(2分の1)を出して下さい。

胸回り(B) 左右のバストポイントを通り、胸の一番高い所を採寸します。
腰回り(C) 腰の一番太い所を採寸します。 おなか回りが大きい場合は、太い方を腰回り寸法とします。
首回り 首の付け根の部分を採寸します。

割り出し
「和服の寸法は、良く分からない」といったお客様に。
お客様のお体のサイズをお聞きし、当店にて各寸法を割り出します。
お手持ちのお着物を支給
お持ちの着物をお送りいただき、同じサイズに合わせることも可能です。お送りいただきましたお着物は、お直し・お仕立てが完了し発送の際に同封いたします。

着物のリフォーム実績レポート
着物のお直し.com おすすめ特集
着物のリフォームについて
仕立て・直しの流れ
料金表
着物の名称と採寸方法
よくあるご質問
着物のリフォーム実績レポート
お申し込み
当店のご紹介
お支払い・送料
お問い合わせ
着物のお仕立て直しレポートモニター募集

当店からの送料無料!


プレタの着物のお直し特集
ふくさ特集
達人和裁士のご紹介
着物のお直し.comブログ
お客様から頂きましたお手紙

ホームページ制作

  リサイクル・アンティーク・プレタの着物もお気軽どうぞ。当店のリフォームは、呉服店・デパート品質の手縫い仕上げです。
  このページのトップへ

 

HOME着物の仕立て・直しおすすめ特集着物の仕立て・直しについて着物の仕立て・直しの流れ着物の仕立て・直し各種料金表
着物の名称と寸法の測り方(仕立て・直しのヒント)よくあるご質問仕立て・直し実績レポートお見積り(無料)お申し込み便利なサービス
当店(着物のお直し.com)のご紹介着物のお直し.comの和裁士ご紹介お支払い・送料お問い合わせサイトマップリンク


Copyright©2006-2007 着物のリフォーム・仕立て/着物のお直し.com.All Rights Reserved.